agrin life 斧レビュー

agrin life woodstove > woodstove斧

斧レビュー 1 お気に入り斧の使いごごち

フルターフォッシュ「スレッジ」、六甲山somaud、ヴィポキルヴェス

いやー、薪割りって、本当に楽しいですね。
そんな楽しい薪割りですから、その道具もけっこう凝ってしまいます。
その道具を使うのも楽しみのひとつです。

まずはフルターフォッシュのスレッジ。
CIMG2477.JPG
2.5キロのヘッドに80センチの柄。
取り回しは良いです。

CIMG2479.JPG
特徴はその形状ですが、刃先から少し進むと真ん中が膨れています。
これは食い込んでも木の断面との接触面積が少なくなり、かんで抜けにくくなりにくい
という利点があります。

CIMG2481.JPG
コントロールしやすい斧で、そのパワーも素晴らしいです。
こんな二股にわかれた割るのに難しい玉切り材でも、
見事に真っ二つになりました。

これはお気に入りNo.1ですよ!!

次は日本製、高知の六甲山SOMAUD 薪割斧。

CIMG2528.JPG
和斧はまるで刀です。日本刀ですよ。
1.7キロの軽量なので固い木は難しいですが、素直な筋のものなら
まさに切れるように割れます。スパン!と。

CIMG2239.JPG
太めの玉切り材でも、十字に割れ目を入れて、最後に仕上げで重い斧を
落とせば、それで完了です。

ちなみに和斧のヘッドにある線の装飾は、古来からの魔除けだそうです。

そして、ヴィポキルヴェス。
常識を覆す北欧から来た革命斧です。

CIMG2231.JPG
ヘッドの形状が特殊です。
考え方は、割るのではなく「剥がす」または「裂く」ですか。

CIMG2232.JPG
重心が右側にあり、数センチの刃先が木にめり込むと、
ヘッド本体が右に回転し、それで左方向に木が裂ける、という仕組みです。

CIMG2235.JPG
難しいです。相当素直な筋の木じゃないとうまくいきません・・・。
大割の薪を作るのは無理です。
ヴィポキルヴェスのホームページにあるビデオを見ればわかりますが、
端から剥ぐようにするため、細い薪ばかりが出来上がります。
軽量な素直な木ならスムーズにできそうです。

高かったけど、出番は少ないです。

photo gallery

CIMG2478.JPGフルターフォッシュ「スレッジ」
DSC01380.JPGログマチック
DSC01392.JPG横割り君
DSC01472.JPG時計型薪ストーブ
DSC01483.JPG鋳物ストーブ
DSC01535.JPG薪置き場
DSC01774.JPGヤンマー 運搬車
DSC01742.JPGハスクバーナー 346XP
DSC01777.JPG2×4材薪小屋