agrin life 斧レビュー その2

agrin life woodstove > woodstove斧2

斧レビュー 2 お気に入り斧の使いごごち

ログマチック、グレンスフォシュ・ブルークス

いやー、薪割りって、本当に楽しいですね。
そんな楽しい薪割りですから、その道具もけっこう凝ってしまいます。
その道具を使うのも楽しみのひとつです。

まずはログマチック。

CIMG2233.JPG
これは斧というより、「クサビ」がわりですね。
詳しくは別ページで取り上げています。参考にしてください。

最近はめったに使わず、途中まで割れて下のほうがなかなか割れない時に
出動しています。

これだけで全て割ろうとするのは無理です。
カンカンカンカンうるさいし、腕が疲れます。

グレンスフォシュ・ブルークス・・・。
「・・・」ってつけちゃいました。

CIMG2234.JPG
左がグレンスフォシュ・ブルークスのラージ薪割り。
(右は和斧somaud)
大きいタイプなのにも関わらず、柄が69センチ、ヘッドは1.5キロしかありません。
もうひとつ小さいモデルは、もっと小さいです。

なんか有名だからいいのかと思っていましたが、
いろんな斧を試しているうちにわかってきました。

よくめり込んでしまいます。
めり込むと、抜くのが大変です。
割れなくはないけど、ほかの斧のほうがもっと良く割れます。
非常にストレスがたまる斧です。

photo gallery

CIMG2478.JPGフルターフォッシュ「スレッジ」
DSC01380.JPGログマチック
DSC01392.JPG横割り君
DSC01472.JPG時計型薪ストーブ
DSC01483.JPG鋳物ストーブ
DSC01535.JPG薪置き場
DSC01774.JPGヤンマー 運搬車
DSC01742.JPGハスクバーナー 346XP
DSC01777.JPG2×4材薪小屋