ブロック薪は火持ちが最高!~ブロック薪の保管方法~

agrin life woodstove > woodstove ブロック薪の保管方法

ブロック薪の保管方法

ブロック薪は火持ちが最高です!!

節が入り組んでいたり、あまりにカチカチで斧でどうしても割れない
玉切り丸太がたまにあります。
私のヘビーな斧で振り下ろせば10トン以上の力がかかっているはずですが、
それでも手がでないものが出てきます。
そんな時は逆に喜んでブロック薪にしてしまいましょう。
いや、そもそも、原木を玉切りしているときに、「ん?これは・・・」と思うものは
その時点で20~30cm程度で切ってブロック状態にしておくべきです。

CIMG3915.JPG
こんなわけのわからない丸太は、チェンソーで分割です。
どうにも斧で割れません。

CIMG3937.JPG
すると、簡単に割れます。

CIMG3936.JPG
農業用の収穫コンテナに入れるも良し。
コンテナは1個500円くらい。

CIMG4328.JPG
コンバイン袋に入れるのも良し。
通気性は抜群。
コンバイン袋は1枚300円くらい。

CIMG3938.JPG
メッシュパレットに入れるのも良し。
大量に入ります。
しかも複数積み上げられます。
中古品が出回っています。
ネットオークションで「中古メッシュパレット」と検索してみましょう。

CIMG3939.JPG
いっぱい入って、本当にいいですよ。
ただしDIYで屋根を取り付ける必要があります。
それか軒下に置きましょう。

CIMG4327.JPG
普通の薪と混在して薪棚に積み上げておくこともできます。

実際に、ブロック薪を使っていますが、とっても火持ちがいいんです。
普通の薪とブロック薪とどちらかを取るときは、ついブロック薪を取ってしまいます。
ぜひオススメです。

photo gallery

CIMG2478.JPGフルターフォッシュ「スレッジ」
DSC01380.JPGログマチック
DSC01392.JPG横割り君
DSC01472.JPG時計型薪ストーブ
DSC01483.JPG鋳物ストーブ
DSC01535.JPG薪置き場
DSC01774.JPGヤンマー 運搬車
DSC01742.JPGハスクバーナー 346XP
DSC01777.JPG2×4材薪小屋