woodstove きりん君2のハウツー~使い方とそのコツ~ of agrin life woodstove

agrin life woodstove > woodstove きりん君2のハウツー~使い方とそのコツ~

きりん君2のハウツー~使い方とそのコツ~



img_20090201T170856045[2].jpg
かごにペレットを充填しセットします。
かごには1リットルほど入ると思います。
ペレットはなかなか入手しにくいですが、
最近は自治体等のバイオマスの取り組みで、
林業が盛んな地域ではホームセンター等で
売られるようになりました。
北陸ではムサシで売っていました。
10キロ700円くらいでした。
私は楽天のニッチリッチキャッチさんで
ホワイトペレットを購入しました。
ホワイトペレットは他のものよりも燃えカスが
残りにくいという利点があるようです。


img_20090201T170856415[1].jpg
着火材を前後にそれぞれセットします。
市販の着火材では平べったいものしか
この隙間に入りません。
私は楽天でゼリータイプの平べったいものを
まとめて購入しました。
「燃太郎」100個入りで1300円ほどです。




img_20090201T170856656[1].jpg
煙突側で上昇気流をつくり、
燃焼側でペレットを燃やします。
燃焼側は安定するまで全開のほうがよいと思います。






img_20090201T170856966[1].jpg
はじめは煙がもうもうとでます。
とちゅうで燃焼がうまくいかなくなってきても
もうもうとでます。







img_20090201T170857236[1].jpg
うまくいくようになると、前と後ろを
つなぐ燃焼室の小窓から炎が噴出しているのが
見えます。








img_20090201T170857467[1].jpg
40分ほどで燃料が少なくなってきて、
炎が見えてきます。
これでは燃焼がうまくいかなくなるので、
急いでペレットを継ぎ足します。
しかし、だんだん数回繰り返していくと、
そこのほうにカスがたまってきて入るペレットの量が
少なくなってきます。






img_20090201T170857747[1].jpg
そこでかごをトントンとして底のカスを落として、
たまったカスをかき出します。









img_20090201T170857987[1].jpg
そうすると火は消えてしまうので、
バーナーで1分くらい、再度燃焼させます。

写真を見てもわかりますが、
それほど熱くならないので、
狭いところに置いています。



photo gallery

CIMG2478.JPGフルターフォッシュ「スレッジ」
DSC01380.JPGログマチック
DSC01392.JPG横割り君
DSC01472.JPG時計型薪ストーブ
DSC01483.JPG鋳物ストーブ
DSC01535.JPG薪置き場
DSC01774.JPGヤンマー 運搬車
DSC01742.JPGハスクバーナー 346XP
DSC01777.JPG2×4材薪小屋